狙撃兵の訓練所-改

読書好きな障がい者「ザクX」が綴ります(^^♪

鋭く時に鈍い、脆い心

f:id:zakux:20210708150139j:plain

ざっく~(;^ω^)

ここ最近のこと、そして心に深く突き刺さった言葉があったのでそれについて書いていきます。

まず、最近はちょっと前に

あれから(;^ω^U)・・・ - 狙撃兵の訓練所-改 (zakux.xyz)

こんなことがありました。苦しく辛かったです。他にも問題は山積。トライ&エラーがトライ安堵エラーになってくれたら少しは楽かと思います。

今は頓服や自律訓練法(又は自律訓練療法)、ストレスに関する学習や、必殺技のふて寝、寝られないと自販機やコンビニで加糖飲料買って、ぐいぐい飲み、ハイになってなんとかしてます。でもよくないな、嗚呼。

 

心に突き刺さった言葉というのは

「怪我じゃない」

です。心理的な脆さからもきているのですが、この非常に苦痛であり他の嘘吐き大袈裟連中とは違い「正直に、堪えられるから、呻いたり『痛い痛い(>_<)!』と喚かない」だけです。

それをみて管理者さん達は何を勘違いしたのか、「大した怪我じゃない」と言い放ちました。最初は「怪我じゃない」とまで言っていましたよ!堪えてる人に対して「その程度なんでしょ、堪えられるんでしょ、堪えられる程度なんでしょ」ってのはマジで怒髪冠を衝くほどの憤りを感じます。

その人たちも含め感謝な方々だし、助けていただいているので、本音も吐けない。封じられて終わりです。「マホトーンとかサイレスかけられた、ひ弱な魔法使いや黒魔導士」と一緒ですわな(マホトーンとサイレスはドラクエとFFに出てくる呪文封じの呪文です)。

「怪我じゃない」にはさすがにキレそうになりましたが、喧嘩必勝法のひとつ「勝てない相手と戦うな」(もうひとつは「初っ端で急所を突け」)てわけでとにかく強い相手です。お世話してくれている方々は格闘技の経験者もいるわけです。勿論、護身のために習ったのだと思います。普段「弱そうだけど・・・」と思っていた人が「以前格闘技(ちなみにキックボクシング)をやっていた」とか、いろんな方がいらっしゃいます。そんな要素も含めてキレても抑え込まれて終わり。ムダ。

書いていて少しずつ整理されていき、癒されている今、ブログって良いなと感じます。勿論自己満足!自己満足万歳!自己満足は置いといて。

怪我は周りからは痛みが解らないので本当に辛いですよ。もっと緩やかに焦らず、平穏に生きてゆきたいと、そう思います。

それにしても障がい者の人生なんてこの程度なのかな。

なんだか虚しいです。ブログがあってTwitterもあるからいろんな情報を取り入れられる。しかも厳選された野菜や果実のような素晴らしいものを。あとは寮でラジオニュース。偶に新聞購読。普段の読書に加えて努力すれば、良いんじゃないかなと思います。

苦しくても、嫌なことがあっても、堪えられる限りは頑張ろうとしているこの頃です。

暑くて参っちゃうけどね(;´Д`)

最後までお読みいただきありがとうございます。