狙撃兵の訓練所-改

障害持ちガンオタ(にわか)のブログ(´っ・ω・)っZuzaa-!

思いの丈を打ちまける🔥!!!

f:id:zakux:20211207093100j:plain


ざっく~ヽ(*`Д´)ノ

今俺の思いをここに残す!そんなにネガティブな要素は多くないかと思いますが、それでも若干混じります!

日記のようなもんです。

はじめ!

まず、ここ最近の状況。5日間過食発作が起きなかった事の大きな反動からか、六日目の夜に大暴れ!

ラーメンは今日も過食しましたが、先日もラーメン2杯+様々な食べ物をドカ食い!勿論、病的な状況。なぜならコーラロング缶を1本買ってきて苦しい腹に流し込む!

途中で堪忍袋の緒が切れ、残り僅かなコーラロング缶ともう1本を壁に投げつけまくり、穴を幾つも空けた!残念ながら自己のイメージしていた「大穴」は空かず、中くらいの傷が幾つか出来ただけ。続けて食器棚にある使われていない食器を割りまくる!全然愉しくない。不愉快極まりない。だが止まらない。これを2回繰り返した。

この緩い自殺という自傷行為(過食発作を強めた)と物にあたるという行為。どちらも悪いことをして憂さを晴らさんとする行為を止められなかった。

情けないことに、書物によればこれは止めてはいけない、物にあたることは止めても良いかも知れないが、過食発作は無理に止めれば心が壊れる。しかし、余計にストレスが溜まるだけ。

主治医はやる気なし。

友人の一人は未だ俺をブロックしたまま。それに気付いていないのか気付いているのか、ブロックしてないなどと云っている。〇鹿も休み休み…。

勿論だが、もう出掛けるのはやめた。一生籠もる。いつか必ず終わる。早く終わらせるために様々な取り組みをする。死を早めるために。

こんな時すぐに「信じていたもの」を否定する奴がいるが、俺はしない。ただ「分からなくなった」だけ。なにをか。神である。いるか否かが分からなくなった。「この保留の姿勢」は慎重さ故。小さな頃から慎重だった。そして真面目真面ばかり求められ続け嫌気が差した。とにかく今神の存在はわからない。頼っていた相手も無視を決め込んでいるので、さよならだ。

やはり金をとるためだけだったと、思えてしまう。自分から献金しただけだが、そんな俺にも嫌気が差している。

両親にももう二度と謝らないし、できるだけ関わらない。親は謝ってくるのが嫌だと、ハッキリ言ったのだ。うんざりしているのは分かるが、それは、関係悪化につながるだけだ。

早く死ねるように努力する。この努力もまた虚しい物だ。

自分勝手でクズである俺自身にいう、

「早く死ね、消えろ!」。

本日の公開記録、終わり。