狙撃兵の訓練所-改

障害持ちガンオタ(にわか)のブログ(´っ・ω・)っZuzaa-!

信条ー参の太刀「生涯読書」ー

f:id:zakux:20220516111202j:image

ざっく~(ゝω・) リライト2022.5.21

こんにちは、ザクです。

 

タイトル、先に一言で表すと

 

「読書大好き」ってことですね(単純)。

生涯、読者し続けたいと思っています。とにかく読書が自分を磨いてくれます。

それもあって、先日のアプリ断捨離だったわけです。

 

別に難しい本でなくて良いんです。

目標としてガルシア・マルケスの「百年の孤独」や、フリードリヒ・ニーチェの「善悪の彼岸」etc.

これらはありますが、両方とも途中で挫折しています。もっと時が経ったとき、体調が良ければ、もっと読めるようになっていれば、読みたいな、って目標です。

 

とにかく気軽に読める本が1番です。ニーチェは最後、発狂(錯乱?)してしまいましたもんね。

難しく難しく考えすぎて、頭のキャパシティオーバーしちゃったのかなと、勝手に想っています。それも一因だろうなって。

 

本を拝見すれば「とにかく一生懸命、思考して哲学と格闘してました」ってのが解りますよね。

それだけに難しい本な訳ですが。こういう時は解説書を使うと良いみたいですね。ニーチェのは二冊の解説本を読みましたよ(それでも解らない😅)

百年の孤独」はイキナリ挑戦して見事に敗退しましたが🤣

 

本は愉しいです。楽しいです。愉快です。

勿論哀しみや、切なさ、怒り、憤り、湧くこともありますが。でも読書していて、怒ることはあまりない、それ自体がコーピングですから、嫌な感情は吹き飛ばしてくれる。読み終わると「ふぅっ💨、また一冊読んだな…。これは良い本だった。有意義だったなぁ…」と感慨に耽るのがまたいい。余韻に浸るわけですね。

読後感の良い本こそ、本当に良い本かも知れませんなー。

 

本代もかかるので、最近は100円で買えるようなものを選びます。昔、通っていた処も本屋さんをやっていて、良い本との出会いがあったりします。とりあえずは手元の本ですが。

脚をケガしちゃってるので、買いに行くことも出来ないですし。

近くのBOOKOFFも良いんですよね。CDも売ってます。

 

どうしても手に入らない本があれば、図書館もあるし。ちょっと遠いけれど。


f:id:zakux:20220516111859j:image

近頃は、こんな感じで手元に置いています。気が向いたらすぐに読めるように。

精神科医Tomyが教える 心の荷物の手放し方」Tomyさん 著、は再読中です。読み易すぎる本ですな。でも役立つはずです。他のシリーズ本もあるようです。

容疑者Xの献身東野圭吾さん 著、は個性的で面白いです。石神の計算高さと心の揺れ動きや、湯川の慧眼と深い思考力、がなんとも良いですね!

 

さて、低周波治療も終わったし、今回はこの辺で。

御覧頂いてどうもありがとう御座いました。不規則な更新になっていますが、再訪お待ちしております。