狙撃兵の訓練所-改

読書に最も癒されている統合失調症持ちで敗残兵 兼 馬鹿と阿呆の頂点を究めし産廃スナイパー「狙撃ザクX」が暗黒面を露出しつつ綴ります(´・ω・`;よろしくね。

ビデオ通話で一寸回復!


f:id:zakux:20211124225538j:image

ざっく~(。・_・。)ノ リライト2021.11.25

近頃、絶不調でしたが、今は少しばかり回復いたしました。

ビデオ通話で皆と話していて、力を頂きました。

そのお陰と思っています。

カテゴリはその他にしていますので、他のことも。と思ったらGameのカテゴリにも入るのでそれも綴ってみたいと思います。

まず、以前Blogで書きました、遊戯王デュエルリンクスにドハマリしています。自分の作りたいデッキ(カードの山)を構築するのに、必須カードが入手できていないので、そこは暫く堪えるときと思っています。

今あるカードだけでも楽しく遊べます。

読書と両立するのが、難しく思えるときもありました。時間をちゃんと、はかってプレイすれば問題ないです。今はハマってしまっていて、少し比重がGameに傾いていますが、そのうちに冷静になるのは必至です。

楽しんで行けたら良いなと思います。

▼▼▼以下の文章にはネガティブな内容を含みます。御覧の際は留意して下さい▼▼▼

初めは我慢していましたがノンストップでしゃべり続けて、他人の意見は気に入る物だけ認め、事実すら真面に話しても、受け入れられない方がおり、止めることにしました。誰も注意してあげることも出来ない有様ですし、自浄作用が働かないグループからは、いの一番に抜けた方が良いですね。その方は温かい心も持っているし良いところもありますが…

そこで僕が最近特に感じていること。それは「マイナス要素だけの出来事(人も含む)は滅多にない」ということ。ただしこの考え方を全ての事や人に適用しない方が良いです。ある方が仰っていましたが「自分を大切にしてくれない人とは付き合わない方が良い。僕らの人生にそんな暇な時間は無い」と。それなら読書タイムにしたほうが有益です。

そんな関係をやめないとドンドン搾取されます。最も貴重な財産である「人生の時間」を。ウンザリして切ってスッキリしました。

特に今回は、トラブルを起こす前に縁を切れて良かったです。トラブルはお互いに嫌な思いを残します。喧嘩別れよりは「もう関わらない」と決めてスパッと断った方がマシです。誰も好んで争いたくはないんです。

以前「自己中心!」と、このBlogでお笑いで連呼したことはありましたが、今回の方は本当に自己中心で胸が悪くなったので、やめました。

ご覧になっているとのことでしたので、お伝えしますが、これからもお仕事頑張って下さいね。あなたともう一人を英雄だと思っています。障害があって苦しい中でも懸命に働く姿は立派です。ですが、僕と関わらなくても生きていけるんですから。その人は僕よりよっぽど強い。ただ、弱点を教えて差し上げます。

他人の話を真面に聴けないと一番損をするのはあなたですよ。

これについてもハッキリさせておきたい話があるので、明確にしておきます。以前、大学生時代ドラッグを常用していて自ら精神病になった方に恨みを抱いていました。そしてその人物に対して憎しみを込めてネガ記事(一部カテゴライズできていない記事含む)を書きました。醜い記事でした。それは当然です。人を中傷することしかしないのだから。スピ汚染されて、そんなスピ悪書に影響され「人の心を操る」なんて豪語していたくらいですから、利用するために幾らでもおべんちゃらは吐きますが、ナルシストだと認めた時点でアウトです。「俺は生粋のナルシストだ」だそうです。ダークトライアドの一角ですね。スグに退散すれば良かったです。出来なかった自分が情けないです。その人物は学生の頃、なんと強制わいせつまで犯していました。本人の口から聞いたのですから間違いはありません。その時の表情も、しかとこの目で確認しました。

「世の中には本当に煮ても焼いても食えない奴がいる!」と思います。

前者にせよ、後者にせよ、僕は注意しました。それでは真面な話ができない、であったり、後者には「根も葉もない話をしている。根拠はなんですか?」と。

この二者は共に他人の注意を聞けない人達です。

▲こう言われるとスグに自分のことを棚に上げる人達です。「お前こそ」とスグに吐く。当然ですね、相手の言うことを真面に聴けないのですから。

また、こんな記事を書いてしまいましたが、皆さんにお伝えしたいです。先に示した「大切にしてくれない人とは付き合うな(縁を切るか、距離をおけ)」との言葉は、本当に人付き合いする上で認識しておいたほうが良いです。皆が犠牲者にならないためにも…

できることなら人々の良い面だけを見ていたかった…

悲しいです。

 

無様な記事ですが、最後までお読み頂いてありがとうございます。