狙撃兵の訓練所-改

読書好きな障がい者「ザクX」が綴ります(^^♪

カウンセリングを受けて2

f:id:zakux:20201127175022p:plain


ザ、ザザ、ザクXです!おはザク(^^♪
今日は「カウンセリングを受けて」の体験と感想の第二弾を語っていきます。

先日、前回と同じ場所でカウンセリングを受けまして、今後も継続予定です。
まず今回のカウンセリングでの、感想をざっくり言います。
「必死に問題解決法を考えて下さってるな」「聴いてくれているけれど、今回は解決策を提案して説明して下さっているんだなぁ」「年老いた両親と一緒にカウンセリングを受けるのは正直、嫌だけれど切羽詰まったらそれもありだな」
こう思い、そのように感じました。

そしてそのおかげで、課題が出来ました。次回までの宿題ですね。
まず、「外在化」。夜間食行動異常を防ぐため、自分の中に原因を見出そうとし「あぁ、また馬鹿なことをした」「僕はダメ人間だ」と思うことがありました。
それを防ぐのが外在化で、「自分とは違うものが、自分に食べさせようとしている。その手にはのらんぞ!」と考えます。
この考え方により夜間食行動異常が防げると思います。

順番を間違えましたが、カウンセラーさんは「家の中から僕の好きな食べたいと欲するものを無くしてください」とも仰っていました。
これで心理学でいうところの「消去」または「消去バースト」が起こり、最終的にどのみち夜食は消去されます。

そして最高の予防策だと感じているのが、22:00に就寝、6:00に起床を目標に暮らし、朝時間が許せば、外に出て運動をします。
朝、そして昼間、日光を浴びることが寝付きも良くするし、メンタルに対しても良いことだといいます。
これで体重を落とすことも狙いのひとつです。ケガのひとつ「アキレス腱炎・若しくは周囲炎、または踵骨骨端炎」も体重減少により、負担が減って楽になると思います。
今後もカウンセリングを上手に活用して元気な心身を取り戻したいものです。
最後までお読みいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します( ・∀・)bよろしくです❣
▼▼▼広告ですが、よろしければどうぞ( ´∀` )▼▼▼