狙撃兵の訓練所-改

読書好きな障がい者「ザクX」が綴ります(^^♪

I love my 緑

ザック~(^^♪☕
今日もブログを訪れて下さり感謝いたします。

今回は僕が部屋で育てているかわいい緑達(=観葉植物)のお話です。

僕の観葉植物栽培の記念すべき第一号は「パキラ」!
生命力がなかなか強くて切り戻しの際、下の方で切ってもまた横から出てきて元気に育っています。
我が植物園のリーダーたるに相応しい立派な観葉植物です。

そしてパキラに寄せ植えしているのが「プミラ」に「アイビー」。
アイビーは「ヘデラ」とも呼称されます。アイビーは植物初心者に向いているといわれ、知名度も高いですね。
プミラはどんどん小さい葉が生い茂る感じです。ある御仁曰く「モンスター」です(笑)その生命力旺盛なところをモンスターと例えたのですね。
けれど、モンスターみたいではなく、それよりはかわいい植物ですよ。

さて、他の鉢です。「ユーフォルビアダイアモンドフロスト」と「黒竜」「ポリシャスフィリシフォリア」を寄せ植えしています。
黒竜は渋いです。ユーフォルビアは花を咲かせます。ポリシャスはギザギザの特徴的な葉っぱです。
この鉢も良い感じです。

そして他に「日日草」。これは品種がいくらかあるようですが、花の色が数種類。品種により好む条件が違います。
それに寄せ植えしているのが「ポトス」!これはもう説明しなくても良いくらい、世界中で有名な植物ですよね。
まずその生育力。旺盛な蔦の伸び方。蔦を這わせて部屋をオシャレにできる上に、育てるのがかなり楽。
ちなみに部屋ではハンギングにして壁にかけて、そっと育てています。グングン成長する様はまるで小さな子供のようです。

最後に「カポック」。カポックも結構丈夫で、ちゃんと管理していれば、報酬に素敵な姿をみせてくれるでしょう。
いろいろ紹介しましたが、他にも挑戦した植物はありました。挑戦して失敗し、学んで、、その繰り返し。そのうちにだんだんと上達してきました。
水やり三年という言葉もあるくらい水やりは大切です。そして日本には四季(梅雨も入れると五季)があります。なのでマスターするのは難しいかもしれません。
ですが、やりすぎない。乾燥させ過ぎない。この季節はどの頻度であげれば良いのか?この品種の場合は?土はこれでいいのか?
施肥(肥料をあげる行為)はどれくらいがいいのか?植え替えはどうしたらいいか、切り戻しは大丈夫か、根が詰まっていないか?
など、しっかり学んでいけば趣味だけでなく特技と呼べるようになるでしょう。
しかし、最近は土についているカビが(緑にも人にも)悪さをすることが多いそうなので、マスクで吸い込まないようにしたり、バークチップで土の部分を被覆したりと、対策をしましょう。
キチンと育てられればとても楽しいですよ。
最後までお読みいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します( ・∀・)bよろしくです❣
▼▼▼広告ですが、よろしければどうぞ( ´∀` )▼▼▼