雑記ぃド byザクχ

重病人でプラモや本好きな拙者の雑記ブログでござぃ(´っ・ω・)っ

お散歩日和~公園で緑と風の中~

※当サイトには広告を掲載しております。/

お散歩日和~公園で緑と風の中~ をお送りいたします。

ざっく~(´っ・ω・)っ🍃

 

今日は2023年4月6日であります。

さきほど、Twitterで声をかけて下さったお方の言葉がきっかけとなり、

散歩に行ってまいりました。ありがとうございます🙇

 

30分くらい外で過ごしたと思います。

歩いていた時間はまだそんなに長くないのですが、

それでもゆっくりと歩を進めて、

着実に歩いてきました。

とても気持ちの良い天気。お散歩日和でした🌞

少し汗ばむ天候の中、服を脱いだりしながら、

公園で緑と風を堪能しながら、過ごしていました🍃🍃

道すがら、菜の花や桜(葉桜になってきてる)も楽しみました。

花を愛でて、緑や風も愉しむのはこの季節最高ですね!

前回も散歩再開、なんて書いていたのですが、

あれから不調になり、また休んでいたところでした。

散歩は鬱に本当に効果がありますね。

とても気分が高揚し、ストレスの低減になると実感します。

鬱状態になると思考がぐるぐるしだして、そういった良いことも忘れがち。

けれど、行ったほうが絶対良いと言えるくらい、効果的ですね。

 

ただ、言えるくらい、としたのはやはりお身体に支障をきたしている方もいらっしゃるでしょうから、そこは匙加減ですね。ということです。

そんなに痛くなくてお医者さんにも良いですよ、と言われているなら行くことをお勧めします。

けれど、対人恐怖症で人が怖い、などがあれば

時間を調整して会わないようにするのが良いと思います。

たとえばザクの場合は、学生さんが怖い昔ずーっと虐められ続けてしまい、体の芯まで恐怖が植え付けられているんですね

だからなのか学生服をみると「あ、あ、怖い、、、」と感じます。どうしても。

学生のジャージ(体操服)でも同じです。

どうにかならないかとも思ったのですよ。気の持ちようでなんとかならないか

考え方を変えれば怖くなくなるんじゃないか

暫らくの試行錯誤ののち、カウンセラー(臨床心理士)さんから、上述の通り

「時間をずらして会わないように工夫すれば大丈夫ですよ」

とアドバイスをいただきました。

そして実践してみると、すごく楽です。

足取りも自然と軽くなる。

もちろん、春休み、夏休み、冬休みで学生さんが(普段の授業の)時間外に出ていることもありますね。

でも私服なら少し不安や恐怖は減ります。それがわかったのもよかったです。

 

そして今、散歩を再び楽しんでいます。

嬉しい限りです。

風を感じて緑を愛して、そして花を観て心和んで。そんな生活があることに感謝。

声をかけていただかなければ、今日も散歩をスルーしてしまっていたと思います。

改めて感謝申し上げます。

ありがとうございます🙇

散歩して脳の血の巡りもよくなったところでこれを書いているのですが、

今日の目標は、

  • 慈悲の瞑想
  • 瞑想15分
  • 少しテレビ体操

をやりたいと思います。

今日はここまで。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 

👇クリックで応援よろしくお願いいたします🙇👇

 

👇👇こちら、やにほんブログ村にも参加しております。

  よろしくお願いいたします🙇👇👇

 

どうも、ありがとうございます🙇

TOP