狙撃兵の訓練所-改

読書に最も癒されている統合失調症持ちで敗残兵 兼 馬鹿と阿呆の頂点を究めし産廃スナイパー「狙撃ザクX」が暗黒面を露出しつつ綴ります(´・ω・`;よろしくね。

遊戯王デュエルリンクス!

f:id:zakux:20210317041915j:plain

ざっく~(。・_・。)ノ

さて、リライト続きで少し休んでおりました。申し訳ないです。そこで本日は、先日からスタートしたオンラインカードゲーム「遊戯王デュエルリンクス」につきまして綴ってみたいと思います。

私のスマホは安かった代わりに性能もダントツということはなく、ボチボチのスペックだと思います。そこで、インストール後にビジュアルの機能を少し調整して負荷のかかりづらい設定にしました(初めに起動したとき選択可能でした)。

しかし!ビジュアルの品質が落ちているはずなのに、充分満足のいく映像!青眼の白龍を召喚したときは感動しました!丁度キャンペーンをやっていたようで、特殊加工の青眼の白龍をゲットしていたので、それに後から気付き、「俺、なんで気付かなかったの?」と思います。それぞれ異なったムービーで召喚されるので、愉しいです。

そう、青眼の白龍を使用していることからもお判りの通り、初めに選択したキャラクターは「海馬瀬戸」!あの懐かしき時、若かりし時にリアルのカードを買って集めては、オリジナルのテーマデッキを作って楽しんでいた頃から大好きなキャラクターであり、同時にとても大好きなエースモンスターカードが青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)だったのです。そしてあの頃、レリーフの「青眼の究極龍」(アルティメットドラゴン)も持っていました。しかし、今はそれらのカード達も何年か前、売り払ってしまいました。使うことがなくなったからです。アルティメットだけでも手元に残しておけば良かったかな?と思いますが…。

そして、先日から始めてみて、最初のうちは要領が解りませんでした。そして、アニメも観なくなっていましたし、その間新しく登場したカードの群れ!!セリフとしたら、

「なんじゃ、こりゃあ!」とでもなりますか、混乱状態です。シンクロ召喚に始まり、エクシーズ召喚やペンデュラム召喚とやり方の解らない使用法。慣れるのに時間がかかりました。しかし、今はまぁ、半分くらいは理解できました。ありがとう蒼眼の銀龍!シンクロ召喚にも慣れました。

ちなみにシンクロ召喚とは「チューナー」と呼ばれる(基本的に)低レベルで召喚しやすい(場に出しやすい)モンスターカードと、それ以外のモンスターカードを合わせて規定のレベルにしてEXデッキから召喚されるカードです。

様々に進化してきたカードを使い熟して、さらに進化したプレイをしてゆきたいです。

 

ここのところ、リンクスがストレス解消になっていて夢中になっていましたが、ほどほどが良いなとまた思い直した狙撃ザクΧでした。

最後までお読み頂いてありがとうございます。

▼▼▼

ドライブレコーダー(日本ライティング)

▼▼▼▼