狙撃兵の訓練所-改

多重障害持ちオタのブログ(´っ・ω・)っZuzaa-!

今週のお題「地元自慢」🗺

今週のお題「地元自慢」🗺 についてお送りします。

ざっく~(´っ・ω・)っよよぃ!

今日は良いお日柄に恵まれて買い物に出かけることができました~

久しぶりの外出でした。もう狂いそうになる寸前でしたので、出掛けられて本当によかったです(´ω`*)

 

==================================

それでは今回もスタート!

 

まず今回のお題ですが、

地元自慢」となっていますね。自慢するほどの町ではないのですが、この地にも優れたところはあります。

そのあたりをご紹介していきます。

 

まず、野菜無人販売所が多いこと!

これは主夫だろうがなんだろうが、うれしいですね。何がって家計が助かります!!

野菜が安い!B級品も多いけれど、農家さんから直に買えるから価格が安い!鬼のように!笑 795(ラジオ)の宣伝じゃないぞ。 ザク自身はあまり買わないのですが、おいしい野菜が安く手に入るのはうれしいです。

これも料理してくれる母がいるからこそなんですね。

生活費は僅かに入れているものの、全然足りないらしくて、そこは永いこと働いてくれた父に感謝です。

僕も働きに出ていた時があったのですが、それ以上に両親は大変だと思います。

僕がこんなだし、今日は体調が良くても、八つ当たりすることも多い。こんなビッグベイビーを抱えていては苦労も大きいと思います。

そんな中、この土地で暮らし続けていいなと思うこと。

それは「比較的静かな町並み」だってこと。

そういえば、この町がどこか云うのを忘れていましたね。うっかり八兵衛(寒い

八兵衛なんてしらないって人のほうが多くなっちゃったかな。。。

 

ここは埼玉の南に位置する新座です。

新座市といいます。(にいざ)と読みます。あらざじゃないよ 笑

 

この町は地図で見てもらうとよくわかるのですが、川が流れています。黒目川といいます。目黒川じゃないです。関係ありません(*^-^*)

川沿いの散歩道はあまりスピードは出せないのですが、サイクリングロードとしても使えます。もちろん自転車は徐行(除けて通るってこと)です。徒歩の方が優先ですからね。

川はなかなかキレイで子供たちが遊ぶこともできます

上流に行くと東久留米市に辿り着きます。あちらのほうが商業的発展度は高いですね。

でも僕はこの町が少し好きです。

なんか恥ずかしいですが、そんなに悪くないです。でも片側二車線の大きな道路が町を分断する計画もあります。そこは少し悲しいです😢

反対している住民も多いみたいです。行政にはすこし見直してほしいです。

 

そしてこの町は埼玉なので「コバトン」が有名です。もう一羽有名なキャラクターがいますが、名前なんだっけかな💦

新座市ゆるキャラは『ゾウキリン』といいます。僕はこのキャラ微妙だなと思ってるんですが、なかなか好きな人もいるみたいですね。

実は僕もゾウキリンのコースターを持っていたり 笑

 

他にいいところといえば地価が低いこともあり、家賃の低いところが多いことかな。

東京近郊なのに、安いのは良いですね。

 

そしてそして、一番挙げておきたいのは「緑が多いこと」です。

ゾウキリンの名前からもわかるとおり、雑木林が多いです。昔は手付かずだった土地も多いのですが、今は遊歩道やベンチがつけられた公園になっているところも多いですね。

 

さらに車ですぐに川越街道に出られるので、地の利もそれなりにあります。

鉄道では西武線東武線が近かったりもします。これらの鉄道で池袋まで一本なので、池袋はよく「埼玉だ」なんて言われることもあるそうです。便利でいいんですけどね~

 

他にはおいしいラーメン店もあります。それと人参と人参うどんが有名な町です。ラーメンのほうが僕は好きですね。

隣町には志木市和光市朝霞市があり近いです。

 

新座市のちょっと残念なところは「お墓が多いこと」。

新座は墓地が多いな、志木が近いからな」なんて冗談を言われてしまうこともありました。

もちろんブラックユーモアですよ💦

昔の「2ちゃんねる」という掲示板にありました。あれはブラックなとこですね、ほんと(;^_^A)

志木の方、気を悪くしたらごめんなさい。代わりに謝りますm(__)m

志木にはスリーコインズがあって便利ですね(何をとってつけたように💦)

 

新座は田舎くさい町ですが、いいところだと思います。

これからもこの町の緑や川とともに、過ごしていきたいなと思っております。

 

==================================

今回はここまで。

ブログなのに少し長くなってしまいました(わがブログの場合)。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

Χ